最近光回線の会社の人が高齢者宅を訪れわけも分からず契約させるケースが多くあります

ここ最近、光回線の業者が高齢者宅を訪問し、強引な勧誘を迫ったり、判断力が低下した高齢者を丸め込んで契約させるなど、光回線に関連した契約トラブルが多くなってきています。
この事態を受けて、総務省では契約より八日以内なら解約できる光回線の契約に対しクーリングオフ制度を2015年にも導入する方針を明白にしました。
フレッツの速度が遅い原因を考えて、最初に思い浮かぶのは、少しの間だけ回線が混んでいたり、アクセスしようとしているサイトの閲覧が多かったりといったことでしょう。
なので、ちょっとの間だけ遅いだけなら、しばらく間をあければ改善することかもしれません。
wimaxの通信出来るサービスエリアですが、少し前と比べてもかなりのスピードで利用エリアが拡充しており、主要都市の安定的な利用方法ができるようになっております。
地方の地域の場合、中心街から離れますとまだまだ通信できないところがありますが、行動される範囲が都市部であれば安心してお使い頂けると思います。
光回線を申し込む時、回線の速度が速いと耳にしてもそれほど想像がわかないですよね。
でも、現実に使用してみたら、早いという実感は得られなかったとしても、遅い際は強くストレスと感じます。
常にどのくらいのスピードであれば自分が快適に使用できるか把握しておかないといけないと実感じます。