体重が減ることと増えることのメカニズムは?

効率的な減量を行うためには、どのような仕組みで体重が増えるのかを理解することが大事です。
多くの場合、増える体重とは脂肪のことです。
脂肪が増えるのは、一日で使い切れない量のカロリーを摂取した時です。
効率的に減量を行うためには、摂取カロリー量が消費カロリー量以下になるようにすることです。
食べ物をエネルギーに置き換えた時の一日の摂取量が、多いか少ないかが大事です。
消費カロリーとは、一日の運動や活動で必要となったカロリー量と、基礎代謝という体温維持や心肺機能、内臓の活動のために必要とするカロリー量の総量となります。
基礎代謝というのは、消費エネルギーの7割を占めています。
減量する為には、基礎代謝をあげる必要があります。
すでにダイエットを実践している人は低カロリーの食事に体が慣れてしまっていたり、たんぱく質の不足によって、基礎代謝が低くなっている場合もあります。
ダイエットしてもなかなか減量できないという人は、たんぱく質を意識して摂取するようにして、運動を取り入れましょう。
基礎代謝が高まれば、安静にしていてもカロリーが消費されていき、減量が進んでいきます。