高速バスを利用したおすすめの格安旅行は?WILLER TRAVELを予約

高速バスを使って新宿から富士山へ行くなら、わずか2時間ほどで到着してしまいます。

非常に短い時間で到着して、しかも料金も1700円ほどとなっていて、かなり格安です。

暇な時間がつらいという人にぴったりなのがモニター付きの車両。

本や漫画だと酔いやすいという人もこのモニターなら座席の前についているので酔いにくいと思います。

それから同じ体勢を続けるのがつらい場合は腰や首に余った毛布などをあてたり、もしくはフルフラットに近いくらい座席を倒すことができるタイプのバスを選んだりすると良いでしょう。

アイマスクや足のむくみ取りなども快適な時間を過ごすためには役立ちますよ。

VIPライナーやオリオンバスみたいなウィラー等の夜行バスというと数ある移動手段の中でもその安さが最大のメリットと考えられます。

これだけ安いとわざわざ電車を使っていく必要がないと言う方も多いのではないでしょうか。

電車のように時間を気にする必要がなく、1回乗ってしまえばあとは到着するまでお任せ状態なので移動に際して、子供とゆったり時間を過ごしたいという方にも人気の移動手段です。

東京から山梨方面へは交通手段が限られてしまいますね。

やはりそうなると高速バスを利用した方法が一番便利で格安な方法といえるでしょう。

富士急山梨バスでの運行が特に多くなっていて、他には京王バスなども存在します。

夜行バスウィラートラベル就活生を応援?事実!【どんなサービスなの?】

高速道路というのは速く走るための道路ですから車は一般道と比べてもスピードを出して走っています。

技術的にも大きな車はそれだけで動かすのが難しいですし速度が上がるほどに移動するパワーは大きくなることになります。

事故の確率自体は突出して高いわけではないというお話もありますが動かしているのが主に人間の技術という点もありいざとなると大きな事故になり得るのかもしれません。

長距離をバスはどうしても乗っている時間が長くなります。

移動が長くて疲れるという人もおられるでしょうが対処法はいろいろ考えられます。

一方でもちろんデメリットというものもあります。

やはり多くの人が不安を感じるのは安全面だと思います。

バスは運転手の技術などに頼る部分が大きいですしだからこそ会社がきっちり安全対策を行っているかどうかは必須のチェック項目です。

それから到着時刻に関してはきっちり合うということが難しいので到着する日は時間に余裕をもって予定を入れるようにしましょう。

さらに移動中は長時間座ったままになるのでそれが辛すぎるという人にはあまり向かない移動手段でしょう。

VIPライナーやオリオンバスみたいなウィラー等の夜行バスを利用してみたいけどどうすればいいのかわからない...。

そんな人のために主な予約方法をいくつか挙げてみようと思います。

まず何と言ってもお手軽なのがネットでしょう。

バスでの長時間移動となると関係ないほかの乗客もいるわけですから気分が悪いからといって気軽に降りたり停まったりすることはできません。

思い切り楽しめるよう車酔いしないためのコツを調べてみました。

第一に前準備としては脂っこくない食事を適量食べ、薬を飲んで不安感を減らしましょう。

服装はしめつけないゆるっとしたものが良いです。

それから飲み物として良いのは炭酸水。

なるべく遠くの景色を見るようにしましょう。

はじめてのウィラー等の夜行バスでの移動をできるだけ楽しみたい人はのどの乾燥や足のむくみ、酔いやすい人はその対策の準備もしておきましょう。

乾燥にはマスクや飴、むくみには着圧ソックスやマッサージグッズがおすすめ。

また事前に乗降場所はしっかり確認しておきましょう。

普通の路線バスとは場所が違うことがほとんどですので地図はすぐ確認できるようにし時間に余裕をもって行動するようにしましょう。

乗車中に寝る夜行ならゆったりしたワンピースなど楽な服装にし歯ブラシなど身支度するためのアイテムも用意しておきましょう。

それから貴重品ケースなどで大事なものは身に着けておくと安心です。

バスでの長距離移動は特に女性一人で行く長旅となると防犯的にどうなのかという不安もあるかもしれません。

空席状況の確認や席の指定がリアルタイムで簡単にできますし乗りたい車両の確認などもできますので便利だと思います。

また他に電話という方法もあります。

対人なので聞きたいことがあれば聞けるのが強みですね。

一部では窓口に行けば直接購入できたりまたはコンビニ端末で購入できたりするところもあるようです。

どの方法が利用できるかバスを選ぶ前に確認しておくと良いでしょう。

乗り物が苦手という人にとって旅行中のプレッシャーと言えばずばり「移動」。

そんな不安を抱えたまま旅行に臨むのはちょっと嫌ですよね。