薬剤師の履歴書の書き方とは?

薬剤師転職の面接で、最も重要視されるポイントはその志望動機です。
志望動機があやふやな感じだったり、誰もが思いつくような模範的な回答だったりしたのでは、決して面接官に好印象を与えることはできません。
むしろ模範的な回答よりも、「こんなのは自分だけだろう」と思えるような志望動機をアピールするようにしましょう。
もちろんあくまでも常識的な範囲内で、というのはいうまでもありません。
薬剤師の資格を持っている以上、在学中はその道で学んできているはずですので、在学中のエピソードなどを交えた上で、志望動機をアピールしていくのも良いかもしれません。
薬剤師の求人はとても多いですので、いくらでも転職先はあるだろうと甘くみてはなりません。
その分薬剤師の数も多く、多数の応募が集まっていますから、その中から自分が選ばれるだけのインパクトが必要となるのです。
薬剤師の主な転職先はどんなところ?